【相性診断無料.com】



診断スタート
この相性診断は良くある占いとは違い、脳内神経伝達物質のバランスから相性診断を行います。
まずは、あなたの脳内神経伝達物質のバランスから性格を診断してください。
診断後、相性を診断したい人にURLを送って相性診断もできます。
自分の性格診断結果や相性診断結果を相手に知らせずに相性診断する事も可能です。
SNSを利用すれば多くの人があなたと相性診断ができます。
根本的な性格の相性を診断しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


脳内神経伝達物質の影響

神経伝達物質とは、神経細胞間で情報を伝達するための物質です。
神経細胞同士はシナプスと呼ばれる部分で情報伝達します。
そのシナプスと次の神経細胞の間には隙間があり、そこで神経伝達物質が放出され情報を伝達します。
特に脳内では、神経伝達物質の働きや量によって「心」や「感情」に影響を与えると考えられています。
悲しくなったり、イライラしたり、楽しくなったりというのは脳内で神経伝達物質が放出され、それを次の神経細胞に伝えていくという事を繰り返すことによって強さが変わってきます。
その神経伝達物質には個人差や環境の影響による差があり、その人の性格に影響しています。


脳内神経伝達物質の種類

神経伝達物質には数百の種類があると言われています。
まだ解明されていないものもありますが、脳内伝達物質として心や感情に大きく影響すると考えられているのが以下の三つです。


○ドーパミン
ドーパミンは心身共に様々な影響がありますが、やる気や活力に影響を与えると考えられています。
活動的、好奇心旺盛な人はドーパミンの働きが活発と考えられます。


○ノルアドレナリン
ノルアドレナリンは覚醒やストレスに対しての対処を行う機能を持っています。
仕事や学習の持続性やストレスに対応する能力が高い人はノルアドレナリンの働きが活発と考えられます。


○セロトニン
セロトニンはドーパミンやノルアドレナリン等の制御をする働きがあります。
過度の依存(快楽を求めるような行動)や過度の不安を制御します。
落ち着きがあるような人はセロトニンの働きが活発と考えられます。



根本的な性格の相性

脳内神経伝達物質の分泌量や働きは遺伝的要素も大きいと考えられています。
生まれながらに性格の傾向を持っているということです。
成長過程やその時の環境で神経伝達物質の働きは変わっていくものですが、根本的な性格部分は変えることが出来ないと言われています。
当相性診断は、脳内神経伝達物質のバランスを判断し性格診断を行います。
また、診断結果から相性の診断を行います。
この診断は、根本的な性格の相性を示します。


元々の気質と相性

元々持っている反射的な傾向を脳内神経伝達物質から判断します。
根本的な性格の傾向や性質を「気質」と言いますが、この部分は性格の元であり、変えることが難しいといわれています。
ですが、根本的な性格の部分を解釈することによって、深層心理を解釈するヒントになります。
それを元に相性を診断することによって、上辺で見えているものを排除した相性を診断することができます。
人は、成長と共に性格が上塗りされていきます。
人間関係が深くなれば、本質的な部分の相性が大切になって行きます。
人間関係を形成する時の参考にしていただけると幸いです。